大きな買い物でもカードローンを利用しない心構えとは

カードローンを利用すると、多かれ少なかれ利息が発生します。
借りるときはカードローンの審査は銀行系以外であればあまり厳しくないので、楽に借りられるかもしれません。
しかし、後々の返済は利息を伴うため、月々の返済が損をしてしまうのです。
時には利用したほうが良い場合もあるかもしれません。
たとえば緊急を要する場合、しかし月々の返済に計画的に行うことができれば滞ることもなく、カードローンで借り入れしても便利に感じられるでしょう。
人には借りる事情があります。
それは本当に必要ですか?
借りることを考えている人は、このサイトで自分が本当に借り入れが必要なのか見極めて見て下さい。

こうならないために・・・



男性26歳
ITエンジニア2年

未婚で一人暮らしです。

IT企業に勤めるエンジニア

年収は約200万です。
ただ、初めて借り入れをした時の年収は現在よりも少なかったです。

複数回の利用

5年前に初めて借り入れし、その後複数回利用しています。

引越しの費用として利用

アコムから30万円
新生銀行(当時のレイク)から20万
プロミスから10万

他にも利用する

生活費や、私用で3回ほど1〜2万借り入れしたときもありました。

忘れた返済

アコムで1〜2回、返済できなかった時がありました。
ただ、お金が無くて返済できなかったのではなく、忘れていただけなので、すぐに返済しました。

返済しなかった時、カードローン会社の対応はどうでしたか?

期日を過ぎた翌日に確認程度の電話がかかってきたぐらいなので、特に何の印象も無かったです。

大きな買い物でも利用はしない

結論から言うと二度とカードローンを利用したくないです。
理由は、月々の収入から差し引かなければならないので、月収の減少のような錯覚に陥るからです。
多かれ少なかれ利息は発生するので、当然のことながらトータルではどうしても損をしてしまいます。
私の場合は、3社からの借り入れだったので、各々のATMへの返済や把握する事がめんどくさかったですし、借金の事が頭にあるせいで、仕事に集中できない日もありました。
返済中は家計簿の記録もスッキリした印象がなくなっていましたが、全て返済を終えた後は、非常にスッキリした気持ちになり、心が楽になりました。
急にお金が必要になった場合を除き、何かしら欲しい物のためなら、借り入れをせず我慢した方がよっぽど良いです。
大きな買い物である自動車や家に関しても、住宅ローンや自動車ローンは組みたくないと考えています。